仕事探しは、新卒と転職希望者とではやり方が少し異なります。どちらも自分に合う適切な会社を見つけることが重要なのは変わりありません。失敗しない仕事の探し方について、新卒者と転職希望者それぞれの方法を紹介します。

新卒者の仕事探し

新卒者にとって正社員になる就職活動は初めての経験です。それゆえに、分からないこともたくさんあるでしょう。新卒者の仕事探しのコツやポイントについて伝授します。自分らしく活躍できる会社を探している人は参考にしてください。

新卒者必見!自分に合った仕事に就くための方法

学生時代にはクラブ活動やボランティア活動、アルバイトなどさまざまな経験をしてきた人も多いはずです。そういった経験から自分がやっていて楽しかったことや、これだけは人に負けないという得意なものは何かを…

転職希望者の仕事探し

転職の場合、同じ繰り返しをしないように慎重な仕事選びが必要です。良い会社に再就職するには、どういった仕事探しが必要になってくるのでしょうか。ここでは転職希望者に特化した仕事の探し方について見ていきます。

転職の仕事探しで必ずするべきこと3選

前職を辞めることになった原因を明確に。徹底した自己分析を!

転職活動でまずすべきことは、前職を辞める理由や原因を明確にすることです。これが曖昧では、次の仕事でもまた同じ失敗を繰り返してしまいます。何に対してストレスを感じたのか、何が向いていなかったのかを定かにして次はその点をクリアする仕事を探す必要があります。人間関係がうまくいかない人は、単独でできる仕事を探すなどの工夫をすると良いでしょう。2番目にやるべきことは、自己分析です。新卒よりも転職希望者のほうが、面接もシビアです。自己分析をしっかりしていなければ、強い志望動機が持てません。さらに自分の強みが分かっていてこそ、マッチする会社を探すことができます。とにかく徹底的に、自己分析を行いたいものです。

転職求人の情報集めをする

3つめにやるべきことは、転職求人を積極的に集めることです。求人情報はいろいろな所から入手できます。転職雑誌や転職サイトをチェックするのは勿論のこと、新聞の求人票なども見てみましょう。さらに転職は不安がつきまとうので、転職エージェントに登録して自分に合う仕事を紹介してもらうのもひとつの方法です。エージェントではまだ公開されていない求人を教えてもらえる可能性もあります。人気求人はすぐに定員になってしまうので、未公開求人を知ることができるのは大きなメリットです。いくつか条件を絞って求人情報を集めるのがポイントです。その中から慎重に、自分の強みを活かすことができて活躍できそうな仕事を選んでいきましょう。