転職の仕事探しをスムーズに行うベストな方法とは?

求人数が多い時期を狙う

仕事探しをスムーズに行うためには、求人数が多い時期を狙うのがベストです。一般的に1月~3月、5月~6月、8月~10月が多いといわれています。1月~3月は年末や年度末など退職者が増える傾向にあるため、欠員補充のため採用活動が活発になります。同時に、新年度に向けての組織変更などによる人員補充も積極的に行う企業が多いです。

5月~6月は新入社員の急な退職や夏の賞与に合わせて増える退職者の補充のため、求人数が増えます。しかしこの時期は退職した新入社員のポストが多いため、比較的若手の第二新卒採用が増加するのが特徴です。そして、お盆が終わった8月下旬ごろから10月も求人数が増える時期です。ちょうど上期が終わり下期に向けて組織体制の見直しなどを行う企業も増え、若手社員よりも即戦力を重視する経験者採用を行う場合が多いです。

転職エージェントを利用する

やみくもに自分で求人を探すよりも、転職エージェントを利用した方が仕事探しがスムーズになることがあります。転職エージェントは転職支援サービスの申し込みを行うことによって、キャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることができるものです。キャリアアドバイザーと面談することで、これまでのキャリアの棚卸しや自分の強みを見つけることができます。

そのため希望する仕事が明確になり、企業へのアピールも的確に行うことができます。また履歴書や職務経歴書の書き方や面接での話し方、個々にマッチした求人の紹介なども行ってもらえるので効率的な転職活動が可能です。転職エージェントの求人は非公開のものも多いので、自分では見つけられなかった優良企業に出会える可能性も高くなるでしょう。

ワールドインテックの募集は、優秀な人材を求めている企業と転職希望者を結びつける、仲介役のようなサービスを目的としています。