転職の仕事探しは転職エージェントを利用すべき?メリットとデメリットを紹介

転職エージェントを利用する利点

他業種からの転職活動でエージェントを利用する大きなメリットの一つが非公開求人の紹介です。企業の求人には一般的な転職サイトには公開せずエージェントだけに情報を提供する所謂非公開と呼ばれる物もあります。企業側がエージェントだけに情報を提供するのは面接の手間と時間を省くために、効率良く優秀な人材だけを募集することが主な理由です。そのため、非公開求人は転職サイトに掲載されている企業に比べて給料などの雇用条件が良いケースが多いと言われています。より良い条件で働ける企業が見つかりやすいという点はエージェントならではの強みです。そのほか、履歴書の書き方や面接で好印象を与えるための受け答えなどのアドバイスが受けられるのもメリットと言えます。

利用におけるデメリット

転職エージェントは就職希望者とマンツーマンで仕事を探していく形となるので情報共有のために頻繁に面談を行わなければいけません。エージェントは採用が決まるまでが仕事なので、希望する会社が見つかって応募をした後も面接の手応えなどで確認のための連絡がきます。過剰なサポートは焦らず自分のペースで仕事を探していきたいと考える人にはデメリットに感じるかもしれません。就職斡旋の専門家のエージェントと言えども全ての業界に精通しているわけではなく、それぞれ得意分野があります。中には登録者の希望ではなく自分が得意としている業界の企業を中心に紹介するエージェントも少なくありません。偏った紹介ばかりするエージェントに当たると希望する会社に就職できないこともあります。

ワールドインテックの転職で強い分野は製造業です。ほかにも、研究開発やソフトウェア開発、ロジスティクスなどの派遣もおこなっています。