新卒者必見!自分に合った仕事に就くための方法

自己分析を徹底的にする

学生時代にはクラブ活動やボランティア活動、アルバイトなどさまざまな経験をしてきた人も多いはずです。そういった経験から自分がやっていて楽しかったことや、これだけは人に負けないという得意なものは何かをいくつか挙げてみましょう。反対に苦手なものや、やっていて苦痛だと感じたものも同時にピックアップします。そういった自己分析を徹底的にすることで、自分がやりたい仕事や適職が見えてくるでしょう。

自己分析に加え、家族や友達など自分のことを良く知っている人に聞いてみる他己分析も同時に行うとさらに効果的です。自分では気づかなかった意外な長所や得意分野など、新たな発見をすることができるでしょう。すでに社会人経験がある場合は「何ができるのか」ということを基準に選考されますが、新卒者は「学生が好きな事」をメインとした採用を行う企業が多いです。

インターンシップに参加する

自分に合った仕事に就くためには、インターンップの参加も効果的です。インターンシップは実際に企業で「就業体験」ができるので、具体的な業務内容や社内の雰囲気が把握しやすいメリットがあります。そのため早い段階で仕事の向き不向きや、社風に合っているかなどを体感することができます。ただし人数制限があるため選考が行われることが一般的ですが、有名企業の場合はすぐに募集を打ち切る場合も多いので興味がある企業にはできるだけ早く応募しましょう。 企業の選び方ですが、あまり業界を絞らずに自分が少しでも気になった会社を選ぶことがポイントです。そうすることで仕事選びの視野が広がり、より自分に合った仕事に巡り合えるチャンスが広がります。

工場の求人には製造、組立、加工といった仕事以外にも、ピッキングや検品などの女性が活躍できる軽作業の仕事もあります。